増枠を目的にする時はあまり多く借り過ぎないよう注意

キャッシングには、限界額があります。上限無しで借りる事ができる訳ではなく、必ず上限が定まっているのです。そしてこの商品は、その金額は非常に大きなポイントになります。 そもそも人によっては、その金額を増やしたいと思っている事があるのです。現在借りる事ができる金額の最大値は25万になっているものの、それを30万や40万などにアップしたいと思っている方も見られます。現にそれは可能なのですが。

ではどうすればそれをアップさせる事ができるかと申しますと、その商品を利用する時の枠に対して、どれ位借りているかに左右されるのですね。基本的には、その限界に対して高めな金額で借りる方が、増枠確率もアップする傾向があります。 例えば前述のように25万になっている場合、2万を借りたとしましょう。Aさんが1年間で借りた金額は、その1回限りだったとします。それに対してBさんの場合は、10万ほど借りていたとします。

このAさんとBさんのどちらの方が増枠成功率が高いかと申しますと、たいていはBさんなのですね。Bさんの場合、25万に対して40%程度の数字で借りているでしょう。それに対してAさんの場合は、せいぜい8%前後になっています。そのパーセンテージが高い方が増枠成功率は高い傾向があるので、Bさんの方が成功しやすい訳ですね。ですので枠を拡張したいと思うのであれば、そのパーセンテージを高めにして借りるようにするのが望ましいでしょう。 しかし例外もあります。高ければ良い訳でもないのですね。

中には25万ぎりぎりで借りて返すことを連発する方も見られますが、それは控える方が良いです。 なぜなら限界額ぎりぎりで借りてしまいますと、今度は金融会社から疑われてしまうのですね。「このキャッシング利用者が増額目的でぎりぎりで借りている可能性があるので、否決」と判断される事が多々あるのです。ですので百%にはしない方が良いですね。40%や50%など、そこそこの数字を積み上げていけば、増枠確率もアップすると考えられるでしょう。