カードローンの借り換えを行うメリットは?

カードローンはそのまま返済を続けていても金利ばかりの返済になり、元本がほとんど減らないという状況になってしまうことがあります。元金が減らなければ借金の返済は延々と続いてしまいます。そんな時に考えたいのが借り換えです。カードローンの借り換えを行うことで、借金の総額を減らしたり、返済スピードを速めることもできるようになるのです。

カードローン借り換えのメリットは、何といっても金利が下がることです。一度契約してしまった後では金利を下げてもらうことは難しいのですが、金利の低いカードローンへの借り換えがならば審査の基準となる個人信用情報に何らかの問題がない限りは、金利を下げることができます。金利が下がるということは毎月支払わなければいけない利息が少なくなります。同じ10000円の返済を毎月行うという契約で新たにカードローンを契約したとしても、その10000円の内訳に占める利息の割合が減り、元金を減らすことができるようになります。お金が必要だからこそ借り入れを行ったものだとしても、1円でも利息が安い方が良いというのは当然のことですから、カードローンの借り換えを行うと大きなメリットを得ることができるのです。

また、複数のカードローンを利用していた人は1本にまとめて借り換えしてしまうことで、金利を下げることができるだけではなく支払いの一元化ができるようになるので管理が楽になります。返済遅れがあると個人信用情報に契約通りの支払いができなかったということが記載されてしまいますが、それを防ぐこともできますので新たに借り入れを行う時や、増額の申請を行う時にも審査が通りやすくなるというメリットもあります。

これらの理由から、借り換えを行う時には「低金利の会社を選ぶ」ことが鉄則だと言えます。借り換えが出来ても今までの金利よりも高い会社では意味がありませんので、最低限この点だけには注意をして会社を選ぶようにしましょう。