銀行のカードローンには3つのメリットがある

カードローンにはいくつかの種類があります。信販系、消費者金融系、銀行系などが主な種類です。この中で、銀行系カードローンは他のローンにはないメリットがあります。金利が低いのが大きなメリットです。信販系や消費者金融系は金利が18%前後のことが多いですが、銀行系の場合は10%台の前半のことがあり、たくさんのお金を借りた時に返済の負担が小さくなります。

2つ目のメリットは、総量規制の適応を受けないことです。総量規制は借りるお金を金額を規制するものです。またまとまったお金を借りるときは収入を証明する書類を提出することが決められています。消費者金融系や信販系のカードは、この法律の適応を受けます。例えば、消費者金融系の会社から50万円以上のお金を借りる時は、必ず年収を証明する書類を提出しなければなりません。

銀行系の会社では、50万円程度のお金を借りるときは書類の提出は求められることはほとんどありません。ただし、銀行系の会社でも多めの金額を借りるときは、年収を証明する種類を提出しなければなりません。その金額は会社ごとに異なっています。一つの例をあげると、100万円以上のお金を借りる時に、年収を証明する種類を出さなければならない会社があります。

銀行のカードローンの3つ目のメリットは、返済しやすいことです。お金を借りたら必ず返済しなければなりません。通常は月に1回返済日が決まっていて、その時に返済をします。しかし、余裕がある時は少しでもお金を返すことができます。銀行系のカードローンだったら、コンビニにあるATMから返済できることが多いです。信販系や消費者金融系のカードの場合は、その会社のATMか特定の金融機関からしか返済できません。この点に不便を感じる人もいます。返済のことを考えたら、信販系や消費者金融の会社のカードローンは避けた方が良いかもしれません。銀行系のカードは審査がやや厳しいですが、それが緩やかな会社もいくつかあります。