借入限度額とその関連

借入限度額は言葉通り借り入れる事が出来るお金の限度です。大体は金融機関や消費者金融にかかわり合いのある言葉です。原則として借り入れる事が出来るのは年収の1/3までなので既にそこまで言っている場合は其れ以上限度額が上がる事は違反になってしまうので年収が増えない限り無理です。

借入はキャッシングの場合最初の限度額はまだ信頼関係がないので低く設定してあります。よって借り入れる為の限度額は変化があるのが一般的です。例を挙げると金融機関では一見さんになるとやり取りは渋くあまり芳しくありませんが常連客であり入金の多い上客になると向こうから限度額が上がりましたと連絡する事があります。信用が限度額に直結している例です。これは消費者金融もある程度は同様です。

職業や年収借入の過去におかしい所が無く常連できちんとお金を返す場合に限度額が上がった事をわざわざ連絡してくるケースが以外にあるのが消費者金融の特徴です。取引をしている所であればこちらから借入限度額を挙げる様依頼する事も不可能ではありません。特に消費者金融の場合は依頼して審査に通れば限度額を挙げてくれます。ローンの場合も信用や借入は返済が出来るかどうかが鍵ですが支払い能力として年収が関わるのでローンを組む時点で年収の何割になるか等と試算して金融法に違反しない程度の限度額が決定するような形です。

例えばフラット35の住宅ローンは年収から借り入れる為の大体の限度額が計算出来る仕組みです。限度額を計算する為のサイトがある程です。ただし借入限度額の問題はブラックリストに載っている人に限っては貸す為の信用が全くないので金融機関では断られるのが一般的です。消費者金融は相手によるのでグレゾーンです。例えば相手の身内に返す当てがある場合もしくは借入金を回収するスキルが長けている機関は逆にブラックリストに載っている人をターゲットにする為借入は勿論限度額の対応もしますがリスクが非常に大きいので止める方が無難です。