カードローンの総量規制と審査

カードローンのサービスを利用するときに、前もって知っておく必要があるのは総量規制の内容になります。2010年の6月に貸金業法の改正が施行され、総量規制という借り入れ金額の制限が導入されています。総量規制は、年収の金額の3分の1以上のお金を個人に融資することを禁じるという内容になっています。ですので、年収の3分の1以上の金額を借り入れ希望額に設定してしまうと審査に落ちてしまうので注意する必要があります。総量規制は、貸金業者を対象にして定められている規制になります。貸金業者に該当するのは、消費者金融や、クレジットカードのサービスを提供する信販会社などのことを指しています。貸金業者に該当しない銀行や、信用金庫、労働金庫、農協などの金融機関は総量規制の対象外となります。カードローンのサービスに申し込むときに注意する必要がある事は、勤続年数が充分な期間で無いときはカードローンのサービスに申し込んだときに行われる審査に通過できないことが多いということになります。

借り入れ希望金額が少ない場合であれば審査に通過できる可能性もありますが、仮にカードローンの審査に通過できなかったときは、すぐに別の金融機関が提供するカードローンのサービスに申し込んだり、審査に落ちるかも知れないことを想定して幾つかの金融機関が提供するカードローンのサービスにまとめて同時に申し込んだりする人がいますが、こういった方法は、とらないほうが良いです。金融商品を申し込んだとき審査結果や、情報は信用情報機関が管理している個人情報のデータベースの履歴として残され、この履歴をカードローンのサービスを提供する金融機関が閲覧することができるため、閲覧したときに警戒されてしまう可能性が高いです。カードローンのサービスに申し込んで、そのときに受けた審査に落ちてしまったときには、一度立ち止まり原因を自分なりに冷静に分析して、審査に落ちたと考えられる要因が解消されたり、改善されたりするまでは、お金を借り入れる行為自体を差し控えることが必要になります。